動物たちの楽園紀行 トップページへEnglishJapanese
自然の叫び声撮影ツアー情報写真出版物近況と予定便利なリンク集プロフィールお問合わせ
 
 

2005年10月30日から11月6日に掛けて10名の方々を案内しホッキョクグマの撮影ツアーを実施した。

今回訪れたのはカナダの中央部ハドソン湾に面した小さな町、チャーチル(Churchill)で、この時期ホッキョクグマを見るために世界中から多くの観光客が集まることで有名である。今年のチャーチルの天候はとても暖かく、例年なら10月20日過ぎから凍り始めるハドソン湾も、今年は全く凍りそうな雰囲気ではなく私たちが到着した31日の時点で雪も全く降っていなかった。

10月31日の午後、ウィニペグから小型飛行機に乗り込んだ私たちは機上から広大な大地を見渡しても雪景色は見えなかった。約2時間半の飛行の後、チャーチルの小さな空港に降り立ったが雪は全くなく、これではホッキョクグマの撮影が期待はずれになることは必至であった。参加者の顔を見ても落胆の様子がありありと伺えるどうしようもなかった。

チャーチルの町のはずれにあるロッジに入り一休みをした後、夕食を取っていたらハプニングは起きた。真っ暗になった窓の外で大粒の雪が舞っているではないか。皆の顔が一斉に明るくなった。今年初めての雪が降り始めたのだ。雪は夜中も降り続け翌朝起きてみるとおよそ15センチ程の積雪となり昨日とはうって変わり、一面の銀世界と化していた。

チャーチルに着いた晩から今年の初雪が降り始め、翌日は一面の銀世界となった。

朝8時にロッジを出発しホッキョクグマを探しに出かけた。新雪の中にホッキョクグマを海岸線を中心に探しに探したが、これまでの暖かい気候のためホッキョクグマたちは海岸線に集まって来てはいない様子で、その日の夕方、遠くの方に1〜2頭のホッキョクグマを発見したものの写真にはならなかった。

翌日も同じようなコースで探し回ったが、殆ど同じような状況で再び参加者の顔色が険しくなり、不満の声が聞こえ始めて来た。この種の旅行は天候と動物の行動により大きく左右され、目的の物が見られないこともあり得る事は参加者には説明はしてあるものの、その場に行くと当然見られて当たり前と勘違いする人もいるのでそれを理解してもらうのは大変だ。

『こんな状況なら来るのではなかった』と愚痴をこぼす声も聞こえていたが、その思いは誰もがある。自然を相手に旅行を経験している人ならこういう状況は当然あり得ることは理解していて、落胆はするものの、それを口に出して言うような人は普通はいない。まるで動物園の動物を見に行くような感覚の人がいるから困ってしまう。


オスのシロフクロウが雪の上から獲物を探していた
ホッキョクグマツアーも3日目となった。
これまでと同じようにロッジを出て海岸線からホッキョクグマを探しながら移動していたら雪をかぶった岩の上にちょこんと何かが居るのをドライバーが見つけた。
『Snowy Owl(シロフクロウ)』と私に告げた。

暫くすると後方に座っている人も見つけ急に賑やかになってきた。みな大急ぎでカメラを構えシャッターの音が鳴り響いた。まさかシロフクロウが見られれば、と期待はしていたものの本当に見られるとは思いもしなかっただけに、みんなの顔は明るくなった。



おっとりとした優しそうな顔をしたホッキョクグマが私たちのすぐ側を通り過ぎていった。

その後これまでと同じようなコースでホッキョクグマを探して歩いたところ、昨日までとは打って変わってホッキョクグマたちが近くで見られるようになった。
これまであまり動いていなかったカメラもにわかに賑やかな音を発し始め、とてもいい光景が見られるようになった。私自身も皆さんの明るい顔が蘇ってきたのでホッとした。



昼間でも太陽の高さは低くホッキョクグマのシルエットが美しかった。




座って夕焼けを拝むホッキョクグマ
3日目の夕方、きれいな夕焼けとなった。広大なツンドラを赤く照らす太陽を1頭のホッキョクグマがまるで太陽を拝むかの如く両手をそろえてちょこんと座ったまま落日を眺めていた。それはほんの瞬間であったが人間のそれと同じように太陽を崇める本能を見せてくれた。

夕焼けの中のホッキョクグマは、そう簡単には見られないが、この日はとてもいい光景を見ることが出来たため車内はこれまでと違って大いに盛り上がり賑やかな内にロッジに帰ることが出来た。

これまでは毎日曇り空でなかなか晴天にはならなかったが初めての夕焼けで天候が変わってきた事が伺えた。

これは ヒョッとしたら???
かすかな希望が私の脳裏をよぎった。



ツンドラに沈んだ夕陽の残照は美しかった

夜7時過ぎ、『よかった よかった』の歓声とともにチャーチルでの最後の夜の夕食が始まった。昨日まで飲んでいたビールも、その日は格別の味がした。

しばらく食事をしていたらレストランの従業員が私に 『Northern Light (オーロラ) が出ている』 と教えてくれた。食事をしている全員がレストランの外に出た。チャーチルの町明かりの中で雲一つ無い空一面に壮大なスケールのオーロラが出ていて歓声が上がった。もう食事どころではなかった。

早々に夕食を切り上げオーロラの撮影となった。ロッジのオーナーもすぐに車を出してくれて町明かりのない場所まで皆を連れて行ってくれた。私はあいにくバンクーバーの旅行手配会社と色々と調整事項があったため、郊外には行けなかったがロッジの裏の暗がりで、町の雰囲気を入れながらオーロラを撮影した。

その夜のオーロラはとても明るく壮大であった。満天の星が輝く空に、緑や赤、オレンジ、紫などの光を放ち、まるで天井いっぱいに広げたカーテンが、そよ風に揺られるような動きを見せてくれた。オーロラの色や形、そして場所は刻々と変わり、空一面で大スペクタクルを演じてくれた。夜12時前にバスでオーロラの撮影に行った人たちが興奮しながら帰ってきた。ロッジのオーナーも『このチャーチルでガイドを25年しているが、これまで見たこともない程すごい、まれに見るオーロラだ』と興奮していた。それ程すごいオーロラがチャーチル最後の夜を演出してくれた。



近年にない素晴らしいオーロラがチャーチルの町を飾った。 ISO400 F15mm F2.8  6秒露出

普通オーロラの撮影はフィルム感度を1600に設定し、絞りをF2.8で20秒から30秒の露光が一般的と言われるが、この夜のオーロラはフィルム感度400、絞りF2.8で4秒から8秒程度の露光がベストであった。写真のことが分かる人なら大体想像が付くと思うが、普通見られるオーロラの8〜16倍も明るいオーロラであった訳だ。

宿泊先のLazy Bear Lodgeの前で参加者の皆さんと

4日目はチャーチルを発つ日だが飛行機の便が夕方であるため半日のホッキョクグマ撮影を行ったが、これはといった光景には出会えなかった。

初日に降った雪も、その後は降らず割と暖かい日々が続いたため日陰以外はみんな融けてしまっている。

チャーチルを発つ直前、夕陽が町を染めていた
天候異常はここチャーチルでも明らかで、例年なら10月25日過ぎからハドソン湾も凍り始め、ホッキョクグマたちがこのチャーチル周辺に集結し11月初旬には凍結した氷を渡って餌となるアザラシを求めて移動していく。
従ってハドソン湾が凍り付く直前に一番沢山のホッキョクグマが見られるのだが、天候異常のためその時期がずれている。

チャーチルの町はとても小さく15分も歩けば町はずれになる。いつもは観光客も少ないがこの時期になると世界中からホッキョクグマを見に観光客がやって来て賑やかになるがそれも10月半ばから11月の20日前後までで、その後はまた閑散とした町と化す。

 
 

念願であったホッキョクグマの親子の撮影に挑戦した。


現地に到着した日もオーロラが出迎えてくれた。
天気の良い日は素晴らしいオーロラが毎夜見られた。
現地到着の翌朝から今シーズンの親子グマ探しが始まった。3〜4台のスノーモービルには長年ホッキョクグマを探す仕事をしているベテランが我々より早く朝7時過ぎから足跡を探しまわり状況を無線で我々の乗った車に連絡をしてくる。

もちろん我々が乗った車も熊の足跡を探すが、とてつもなく広いツンドラの荒野では熊に出会うことはとても大変なことであることが分かった。
現地人の熊探しは大雪原を探し回るがなかなかホッキョクグマは見つからない。
危険防止のためライフルや無線機、GPSを持っている。
マイナス40度を超えるとあまりの寒さに車が破壊される恐れがあるため天気の良い日でもホッキョクグマを探しに外に出ることは出来ない。
天気が良くても風が吹くと強烈な寒さとなり、またサラサラな雪は吹き飛ばされ後にはカチカチに凍った永久凍土の表面や氷がむき出しになり熊を発見する為の足跡は全くなくなり外に出てもホッキョクグマは見つけることは出来ない。

天気は良いがマイナス40度以下になる日が5〜6日も続いた。短期間の訪問ではとても撮影は出来ないことが伺えた。
天気の悪い日は天候の回復や気温の上昇を待つしかなかった。
2週間の滞在中8日間は待機の日々であった。

マイナス40度を超えるといくら防寒着を着ていても10分も外には出ておれない。
天気は良く無風の日でもマイナス20〜30まで冷える日が普通である。
これくらいなら暖かい方で撮影も可能だが自分の吐く息が顔面を覆う防寒具に付着し凍結し眉毛も凍り付き目が開かなくなる。

私の吐いた息が顔面を覆う防寒具を凍結させた。
ホッキョクグマが発見されると、およそ100mの距離から望遠レンズで撮影するがホッキョクグマは巣穴からなかなか出てこない。また外にいても寝ていることが多く何時間も待つことが多かった。
ホッキョクグマの親子が居る雪の洞穴(デン)は何回か見つけることが出来、外に出てくるのを5日間も待ったが出てきてはくれなかった。
その間1枚の写真も写すことはなかった。しかし、いつ出てくるか分からないのでカメラを構え待機しているがカメラの電池が機能しなくなるので電池だけ外してポケットに入れて暖めておいた。
雪上車には昼食も準備されていた。
サンドウィッチと温かくとても美味しい味付けのスープは冷え切った体を温かくしてくれた。


サラサラな雪が、まばらに生える灌木の林の場所に吹きだまりとして積もる。妊娠したホッキョクグマは11月末頃に単独で海岸線から大きく内陸に入った何も居ないこの地域に来る。こんな吹きだまりの雪の深い場所に穴を掘り、12月頃子供を産み2月の中旬に洞穴から大きく育った子供を始めて外の世界に連れ出す。その後餌のある海岸線に向かって移動を始める。 雄達は全く別行動をしながらハドソン湾などでアザラシなどを捕獲しながら冬を過ごす。
写真は洞窟から出てきたホッキョクグマの親子

お母さん熊の呼びかけに子供達は雪の上を走りながら母親に向かってきた。
 


一休み中のお母さんの背中で私たち撮影陣を見る小熊達。 距離100m
 


2頭の子供を連れたホッキョクグマの一家に出会った。子供はかなり大きく成長していたがお母さんをおもちゃに兄弟が楽しく遊び回り光景は長年私が待ち望んでいた光景であった。


小さな木の陰で休んでいたホッキョクグマの家族を発見したが小枝が邪魔をしてなかなか良い光景を撮影することが出来なかった。
1頭の小熊が小枝をおもちゃに遊び始めたが他の木の枝が邪魔をしてすっきりした画面にはならなかった。
かわいい小熊を連れた母親は子育てを苦痛ともせず満足そうな感じを受けた。
遊び疲れた子供達に仰向けになっておっぱいを上げる母親グマ。
母親熊は何ヶ月もの間何も食べては居ないが体に溜めた脂肪分をお乳にして小熊達に与えて育てる。
母親が餌にありつけるには、まだまだ数ヶ月はかかる。
お腹一杯になった小熊達は再び遊び回る。そばではいつもお母さんが見守っていてくれる。


大変厳しい環境下でホッキョクグマの子育ては続く。
この素晴らしい光景がいつまでも見られる地球であることを願ってホッキョクグマの親子に別れを告げた。

 
  
私より先に来ていたアメリカの写真家 ダン コックス氏(Daniel J. Cox)と出会った。
彼はとても良くしゃべる人だが最初私とはあまり話もしなかった。日本人の私を見て彼が急に星野道夫君のことを話し始め、昔彼と一緒にアラスカで写真を撮って回っていたのだと話しかけてきた。

また彼が日本に来たとき私の師匠でもある田中光常氏にあって良くしてもらったと話し始めた。私と田中光常師匠、そして星野道夫君との関係を話すと態度ががらりと変わり急に親しくしてきた。アメリカの有名写真家とこんな所で接点があったとは意外だった。
   
ツンドラの雪の吹きだまりをホッキョクグマの足跡を求めて探し回る雪上車。
ブリザードで行く手を阻まれホッキョクグマの足跡など完全に消える。
例年だと辺り一面真っ白な銀世界であるが気候変動の影響からか、雪が少なくなってきている。今年は特に少なく、地面の草やコケ、灌木などが顔を出していた。昨年は全くこの様なことはなかったのだが・・・・。確実に地球温暖化の影が忍び寄っている。 クマの足跡が見つからないので遙か彼方を見つめながら移動しているクマを探すガイド。

現地人のガイドでも寒さは同じ。スノーモービルに乗って朝から晩までホッキョクグマを探し回るモーリスさんの頬は凍傷にかかり髭は凍結していた。
   
昨年はオープンの日から2週間訪問したが今回は後半の1週間が私の撮影期間である。初日は朝方5時に到着し荷物などを整理し撮影準備をするだけで仮眠すらできなかった。朝になり皆が起きて食事を始めると大半が昨年知り合った写真家たちで再会を喜び合った。

8時過ぎから大型バンを改造した雪上車3台に分乗し大雪原をホッキョクグマを求めて探し回った。360度見渡す限りの大雪原でホッキョクグマを探すのは至難の業だ。いくら探せど我々の前にホッキョクグマはなかなか姿を現してくれなかった。到着してから4日間。熊の足跡すら見つからず少々焦りが出てきた。

現地の状況にいくらなれているとは言え360度の大雪原では方向を失ってしまう。
車にはGPSナビゲーションや衛星電話、無線機など非常用機器の装備されている。

写真下は雪がなく湖の氷が露出し足跡が全く見つからないため探しようがなくスノーモービルからの連絡を待っているところ。
 
   
夏場は多くの湖沼となるこの地も冬場には結氷しその上に雪が降る。しかしさらさらの雪はひとたび風が吹き始めると氷の上に降り積もった雪はみな吹き飛ばされ鏡のように平らに輝く氷が表面に現れる。表面はつるつるだが雪や水分が無いのでほとんど滑らない。
 

3〜4台のスノーモービルで広範囲をホッキョクグマを求めて探し回るが今年は雪が少なく足跡も見つからないので発見するのも至難の業だ。
   
クマを探し始めて4日目、やっとホッキョクグマの親子が発見された。彼らに警戒心を与えないことと我々の安全のため撮影する場所は親子グマから100mの距離を置き、万が一のためガイドが銃を持ち警戒する中で撮影が行われる。
遠くのホッキョクグマたちは我々に警戒することなく親子でぐっすりと寝ていた。
クマと撮影ポイントの距離は約100m
600mmレンズに2倍のエックステンダーを付けて、やっとこれくらいの大きさで撮影出来る。カメラの倍率もあるのでおよそ1500mmレンズ相当
   


子供たちはおよそ授乳後1時間ほど寝るとまた目を覚まし子供同士が遊び回るが母親はその間穂とんと寝ている。
   

無邪気に遊び回る子グマは人間の子供と一緒だ。この地球上でこの光景がいつまで見ることが出来るのだろうか。
ホッキョクグマの生活環境が変わるということは人間の生活環境も変わること。
太古の昔から受け継がれてきた環境を我々の世代で壊してはならない。
このかけがえのない地球を永遠に守っていくために私たちはどうしていくべきなのか考え、行動に移していく必要がある。

すばらしい天使たちのために。
   



ちょっと高く上りすぎたかな。こんな時でもお母さんは全く知らんぷり。
子グマは遊びの中から生きていくすべを学習する。
   


遊び疲れた子グマはお母さんの胸で眠る。
   
なんといってもお母さんはすべて
   



雪を掘って座りやすい穴を作りお母さんは子供たちにおっぱいを与えていた。母親はおよそ半年前から何も食べていないため子供の成長とともに母熊の体は細くなっていく。
   


優しいお母さん


数時間我々の前でくつろいでいたが、母親がすっと立ち上がり移動を始めたかと思うとすぐに走って逃げ始めた。子供たちはお母さんグマに追いつこうと一生懸命に走っていた。
つい先ほどまでホッキョクグマの母親がくぼみを作り、おっぱいを与えていた所に私も入ってみたが意外と小さかった。
クマも寝たきりとなり撮影の出来ない間はカメラは置き去りになる。並ぶのはいずれも日本製のカメラ
マイナス30度ほどの気温で長時間撮影中にカメラはかなり冷えるがプロ用のカメラは全く問題なく動く。
自分の息でカメラ背面は霜で凍り付き真っ白くなる。それなりの対策をしてもファインダーが見えなくなるのが問題である。
   
アメリカ人で友人のロバートの覆面マスクも真っ白に凍っていた。
   
線路上走行中に夕焼けとなった。ツンドラの灌木林に沈む夕日がきれいであった。途中数頭のオオカミが車を見て走り去った。